熱いのは七夕だけじゃない?7月7日までの立ち回りを紹介!

どうもぉ~パチプロそら(@fxpet)です。

 

7月に入ったわけですが、7月と言えばパチンコでは最強レベルのイベントとなる7/7日がありますよね?

7/7は熱いのは勿論なですが、現在でもすでに7/7に向けた集客の活動が始まっていたり、7日前から熱かったりします。

 

さらに、7日以降も固定客獲得のために必死なホールが多いので、7月は最終日まで熱い一か月と言えるので、今回は立ち回りに関しての話をしたいと思います。

 

7月7日までの稼働スタイル

7月7日までホールは開けるのか?

まず、現在7月3日なので、7日まで4.5.6日があります。

この3日間は開ける意味がないので、ホールは開けていないと思われがちですが、実際はこの3日は結構熱いです。

 

なぜこの3日が熱いかというと、7/7日に出玉なりメダルなりを出して『頑張ってる優良店です』アピールをしたい肝心の日に客が来ないっていう最悪の事態になりかねないから。

よーするに、出したのに集客ができていなくて、良調整台や高設定に座ってもらえなかったり、気づいてほしい層に認知されずに終わってしまうというのが最悪なんです。

ホールにとっては、7/7は見せ場ですから『このホール出てない』ってイメージだけは付けたくないわけですから。

 

 

7日4日の稼働スタイル

ホールが7/7までに開ける理由を説明したところで7日までの稼働スタイルを。

 

まず、明日4日は新台導入日ですよね?

5月は新台導入の規制(自粛)があったので、6月は比較的力を入れているホールが多かったはずです。

新台導入日に開けていたホールっていうのは『新台や導入日は出でる』というイメージを付けて、新台導入を簡易イベントにして客寄せを考えているホールです。

 

 

そういったホールは明日の新台導入日4日にどうするか?

ハッキリ言いますが、先月6月に新台日に開けていたホールは明日も開ける可能性が非常に高いです。

 

これはなぜかと言うと、7/7に向けた集客と、新台導入を簡易イベントとして今後も集客に利用することを視野に入れると出したほうが得だから。

つまり、明日出すことで『新台日に出している』という長期的に使えるイメージと『7/7も熱いのでは?』というイメージを同時に抱かせることができるので、明日の新台導入日は力を入れるホールが多いということです。

もちろん、ボったくるホールもあるはずなので、どこでもいいとは行きませんが、その辺は普段のホール周りをしっかりしていれば行くべきホールに迷うことはないはずです。

 

7月5日の稼働スタイル

5日は新台導入日2日目。

新台2日目のイメージを大事にしていたり、イメージを付けたいホールこれ見よがしに開けてくると思いますが、7日までの3日間で最も渋いと思われるのが5日です。

 

理由は2つあって、

1つは新台2日目っていうことで、インパクトが初日に比べると薄い。

2つ目は、翌日にスロットの簡易イベント日の6日が控えているので、どうせ出すなら明日に回して盛大に7/7を迎えたいという考えの為。

 

もちろん、『新台が朝から打てます』とか新台を本気で大事にしているホールは開くと思うのですが、最近の新台ってのはまともに稼働が付いている機種って無いですからね…

ホールとしても開ける理由が7/7の2日前って事くらいしかないので、開くホールはあんまりないと思います。

なので、5日は無理に稼働するっていうよりも、客付きを確認のホール周りってのが無難な立ち回りだと思います。

 

7月6日の稼働スタイル

6日はスロットの簡易イベントです。

7月6日は普段の6日に出していないホールも十分熱いスロットイベントになると考えていいと思います。

 

理由は単純に翌日の7/7の為。

低迷しきり、まともに集客ができないホールが多いわけで今年の7/7ってのは、これまで以上に力を入れてくるホールが大量にあるはず。

もちろん、朝は無難に普段から設定を入れいてるホールに行くという立ち回りをお勧めしますが、朝あぶれた際には普段入れていないホールに移動ってのがお勧めです。

 

糞ボッタホールもそれなりに力を入れているはずなので、まぁあぶれたらリセット確認だけしてあげてください(笑)

糞ボッタ店は設定変更慣れしていないので、リセット=高設定なんてこともザラに有ります。

 

7月7日の稼働スタイル

七夕であり7のゾロ目。

パチンコ店では最強クラスのイベントになる七夕です。

 

この日は朝から並んでスロットを狙うってのが無難な立ち回りになるので、4.5.6日の動向を確認し最も設定が入りそうなホールに行くように。

裏を欠いて空いているホールで設定狙いなんて立ち回りは間違ってもしないようにしましょうね。

7/7でもボッタくるホールは有りますので。

 

 

よーするに7/7は朝の抽選が命(笑)

ここでいい番号を引ければスロットの狙い台へ。

抽選がダメだった場合は、スロットの準狙い台を確保するか、パチンコの調整を狙うべきかを回転までの間に頭をフル回転させて考えるように。

 

スロットは外から設定は見えないですが、パチンコは釘見ができれば確実に期待値を取れるわけですからね。

確実にパチンコで行くべきか?それとも大きめの期待値が取れるスロットに行くべきか?

自分の抽選番号と、ホールで設定が入りそうな台数。

列に並んでいる時にジャグラーに回りそうな高齢者が何人いるかなどを数え、自分が取るべき最善の行動を考えましょう。

 

 

出来るのであれば、前日までに抽選番号○番までならスロット。

〇番以降はパチンコと決めておくと、立ち回りの質は上がると思うので、お勧めです。

 

7月7日までの稼働スタイル まとめ

激熱イベントになる7/7.

毎年恒例ですが、不景気で固定客を付けたいホールが多い時期なので、例年以上に熱くなると思います。

 

なので、7/7までにはホール周りを兼ねた立ち回りをして7/7に備えるように。

4.5.6日も熱くなると思うので、しっかりと期待値を重ねていくことも忘れずに!

 

 

ちょっと政治の話になりますがUKの離脱問題ってのは始まりでしかないと言われています。

ソロスが空売りを仕掛けたドイツ銀行の破綻で本格的にEU解体が見えてきて、それによって世界は不景気へ…

本気の不景気はこれから始まるってのは経営者()なら当然理解できているはずなので、今回の集客ミスがホールに致命傷になりかねないのでホールは必死に開けるはずなので貰えるときに貰っておきましょう!

 

下手すると、本当にパチンコ業界最後の7/7になるかもしれませんからね…www

最後になるかもしれない7/7を最大限楽しむためにも、しっかりとホール周りをしていきましょう!

コメントを残す