新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~】2月には通路になると確信している理由。

導入からだいぶ時間がたったのでエヴァの新台の評価を下していこうと思います。

結論から言うと狙い目にはならない機種という印象で、2月末には普通に通路になっていると予想しています。

ということで人気機種が通路になると思っている理由について触れていきます。

エヴァ明日への咆哮が通路になると思う理由

明日への咆哮は人気機種であり、スペック自体も夢のあるヒットしておかしくない機種だと思います。

しかし、問題となっているというか人気が出にくくなっている最大の理由がホールの扱いがひどすぎるという点です。

一部ホールではしっかりと釘調整をしている印象を受けるのですが、大多数のホールはこれでもかッ!と言わんばかりにボッタくり調整を繰り返しているのが現実です。
(((;´•ω•`;)))

 

多くの人はそのボッタくり度合いを目にしたり、実際に驚愕する1k当たり10回転未満というのを体験したことがあるでしょう。

これが原因となりエヴァの客付きは既に通路となっているホールすらあるのが現実です。。。

結構いいスペックであると同時に、演出面もシンプルにしてエヴァらしさを取り戻した機種だっただけに本当に残念というのが個人的な感想になります。

 

ただし、素直にせっかく力を入れて作ったメーカーに同情できない理由もあります。

エヴァとしては駄作だと思う

それはホールが開けなかった理由としてはやはり近年のエヴァの不人気が理由の一つだとも思っているから。

今回のエヴァに限らずだけど、エヴァといえば確変ループというのが旧作品。

少なくともシンプルが売りだったころのエヴァが好きだった人が求めているスペックだと思うんです。

にも拘らず今作のエヴァは81%継続のST機種で登場しました。

コレジャ―ない感を強く感じた人も多いのが現実であり、ホール側としても『違うんだよなぁ』と思って調整を渋った店舗も多いのが現実だと思うんですよ。
(;´Д`A “`

 

1作前は無駄に小当たりラッシュを搭載してコケたのだから、今作こそは素直な確変ループ機種で出すべきだったのでは?

個人的な意見にすぎませんが、エヴァといえば確変ループで落ち着いて遊戯できるスペックで登場するべきだッと思うわけです。

時代の流れに逆らってでも海物語のスペックに近い王道確変ループのエヴァ復活っていうのを求めてた!

 

おまけに今作のエヴァのST中ってつまらなくないですか?

糞煽りがチマチマと登場し、やっとの思いでSP発展しても普通に外れる。。。

何のために早さなの?っていう疑問がどう考えても尽きないし、素直につまらないとしか感想が出てこない。

ワクワク感なんて微塵も感じません。

 

というか、高速消化を謳うならほぼ1回転で当たる牙狼や、超高速×93%ループの源さんには到底かなわないのになぜ高速消化に拘ったの?

高速消化を推したいなら牙狼スペックか源さんスペックで出せばよかったじゃん?

そういう台が打ちたいわけじゃないからさ、エヴァファンって。

 

変動が遅くても確変中のレバ確(当たれば確変)演出だったり、レバ確がない状態の当たりからの昇格演出でのドキドキだったり。

そういうのがエヴァの良さだと思ってたんだけど、メーカーとしてはエヴァが受け入れられてきた理由がなんだと思っているのだろうか?

本当に何を考えてこんなつまらないロングSTエヴァを出してきたのか本当にわからない。

てかエヴァが慢性的にコケ初めてファンからも見捨てられてたのってST系統に走ったからじゃないの?

もういい加減にしてほしいと思うし、こんな演出面じゃホールも開けないでしょ。。。

 

ぶっちゃけ通常時の演出に関しては源さんのほうが、よほどシンプル謳えると思うし細かい演出が用意されているスルメ台だとおもうほどだからね。

熱いの待つなら牙狼でいいし、シンプルなら源さんでいい。

今作を打ってても作業感が強すぎて、個人的には利益があっても他の台を打ちたいと思ってしまうレベルに全てがつまらない台だと言わせてもらいます。

まとめ

通常時はまだ評価できるけど、ST中が全てを台無しにしている台だと言わせもて貰います。

普通につまらないし、この作品に需要を一切感じない。

もう確変ループに戻す気がないなら出さなくていいよ。

 

時代の波に対応できなかったからエヴァシリーズがコケているというのが揺らぐ事の無い現実なのに、なぜ時代に乗ろうとするのか理解不能。

時代の波に逆らってでもシンプルな演出面と確変ループを貫くべきだったシリーズ。

それがエヴァンゲリオンシリーズだと断言させてもらったところでこの記事を終わりにします。

 

糞過ぎて草も生えない。

さようなら全回転ですわ。

コメントを残す