北斗無双の撤去日と勝ちやすいのはいつまでか?次期メイン機種予想も!

北斗無双

現代のホールで大人気のCR真・北斗無双。

新基準の時代であり分母1/320以下の規制を掻い潜りつつ継続率80%のSTとラウンド振り分け50%が2240玉という一撃性を兼ね備えた機種です。

 

全国各地のホールにて大人気の機種ですが、導入から約3年の月日が流れ検定切れ間近。

北斗無双が撤去される日程や、現実的にいつごろまで遊戯できるのか?

そして、北斗無双が撤去された後のホールでどの機種がメイン機種になる可能性が高いのか?

北斗無双撤去までの日程が近づいてきたので、その辺に触れていきます。

北斗無双の検定切れと撤去日

北斗無双

北斗無双が導入されたのが2016年3月7日です。

時が流れるのが早いなと感じますが、約3年も前に導入された機種です。

 

そして、気になる撤去日ですが一般的にパチンコの検定は3年間で切れます。

なので、北斗無双がホールに設置が許されるのは3年後の

2019年3月7日

になります。

 

現実的には1~2週前に撤去するホールもありますので、全国的なホールという意味合いではもう少し早い撤去の可能性もあります。

次の機種に備えるために早めに動く可能性もあるということです。

北斗無双はいつまで打てるのか?

北斗無双

北斗無双の撤去日が3月7日前後と紹介しましたので、ここからは現実的にいつまで北斗無双が打てるのか?

釘調整的な問題でどのくらいの時期までホールのメイン機種として勝ちやすいねらい目となるのか?についての話です。

 

北斗無双が撤去されるのは3月7日前後。

つまり、19年の2月頃なのですが、おそらく北斗無双がまともに打てるのは今年の年末まで

12月20日前後で年末年始の釘調整を受けた後に新年に入ってからは渋い調整が続くと思います。

 

と言いますのも、北斗無双はタイトルとしては人気がありません。

9月3日に北斗無双2が導入されますが、おそらく人気は出ないと思います。

理由についてはこちらで解説していますので、興味があれば是非ご覧ください。

北斗無双vs北斗無双2!人気台になり勝ちやくなるのはどっちだ!?

 

話を戻して、北斗無双というタイトルが人気にならない以上、撤去寸前まで北斗無双1を開ける理由はありません。

MAX1/399で猛威を振るった牙狼シリーズのように『牙狼』というタイトルが強くなれば、撤去される寸前まで古いタイトルも開ける理由はあります。

次のタイトルもそのままホールのメイン機種になりますので

牙狼シリーズに力を入れています

というホールの姿勢を客に分かりやすくアピールするため力を入れる必要があるわけです。

 

しかし、北斗無双はおそらく1発限りの人気機種でしょう。

それは演出面に対する不満などからも分かる通り、所詮はスペック目的の遊戯者が多かった為。

ボーダーも甘かったですし、ホールも開けていたので期待値稼働にも持って来いの機種でした。

台を楽しむ目的の遊戯者が少なく、本当の意味で北斗無双が好きな人は殆どいないでしょう。

 

そういった理由から、ホールが年末で閉めた後に北斗無双を開け直す必要性はそこまで感じません。

それどころか、多くのホールは北斗無双の次の台。

つまり、ホールの次のメイン機種となるシリーズを探す為の行動に入り新し機種に客を集めに掛かります。

 

なので、年明け以降はそこまで北斗無双に力を入れるホールは無い事が予想でき次の機種が北斗無双の次にメイン機種となる台がねらい目になる可能性が高いです。

北斗無双の後釜は?

CR冬ソナ

北斗無双が撤去と言ってもなんだかんだで、残り半年近くあります。

おまけに設定搭載型パチンコもホールに置かれるようになっているので予想自体はかなり難しいです。

 

難しいですが、現状のホールから考えるとMAX機種で最も人気になりそうだなと感じているのが冬のソナタ。

今でこそ導入台数は少ないですが、ウルトラセブン2とは異なり減台されたホールは少ないはずです。

それどころか、じわじわと増大しているホールの方が多いはずです。

 

ホールも冬ソナをそこそこ開けていること。

さらに、止め打ちで微増といえど増やすことが可能な事など。

期待値稼働には向いている機種ですので、次期メイン機種になる可能性は高いと感じています。

演出面なども出来は良い部類だと思いますし、客付き自体は良くなる可能性は高いと思っている機種です。

 

ただ、この機種はスペックが海物語に似ているのが大きなデメリットとも感じています。

冬ソナだったらスペック似てるし海物語シリーズでいいや。

と王道スペックであるが故に海物語に客が流れやすくなってしまっているという点を考えると厳しい気もしていますがね。

 

現時点でまともな台が冬ソナしかなく、今導入されている機種から次期メイン機種が決まるのであればほぼほぼ冬ソナ。

ただし、今後導入される新しい機種や海物語に似ているスペックなどで力が入れにくい点もあるので可能性としては50%程度と予想します。

次期メイン機種は来年の2月頃に、確定している状態でまた書きますが増台されているのであれば現時点でも冬ソナもねらい目ですよって話です。

まとめ

・北斗無双が19年3月に検定切れ。

・北斗無双が打てるのは年末ごろまで。

・次期メイン機種は冬ソナの可能性が高そう。

 

今後ホールでどういった動きがあるのか?

注目すべきことは多いですが、とりあえず年末辺りまでは北斗無双一本でも良さそうです。

年明け以降は厳しい調整が想定されますが、年末までの間に北斗無双に代わる機種は出てこないはずです。

 

スペックが唯一無二の状態ですからね。

悩んだから北斗無双。

年末まではこのスタンスで軽い立ち回りで良いでしょうということで、今回はこれにて!

12 COMMENTS

パチプロそら パチプロそら

撤去リストなどあるので、おそらく新基準の規制に対応してない機種は認定受理されないと思いますよ。

そうでないと、近年の環境を変える為の規制が意味なくなっちゃいますので。

返信する
パチプロそら パチプロそら

繰り越し認定の奴ですかね?
だいぶ前から取り消しや強制撤去などの話も出ていますよ。

バジリスク絆もそうですが、新基準との差が激しいスペックは結構強めな言葉で自主的に撤去しろ!って発言が多いので検定受けていても撤去の可能性もありそうです。

返信する
パチプロそら パチプロそら

アタッカーへの捻りや電サポの止め打ちで増やせるのでプロには人気の台ではありましたよ。

一般のお客さんには全然受けなかった理由は、嫌韓の波が強く来たのでそれで人気が出なかったんだとは思っています。

返信する
匿名

煽り耐性無さすぎ
自分の予想外ははずれました
で終わればいいのにみっともない

返信する
パチプロそら パチプロそら

マウント取りたいだけの劣等家系は本当に哀れだなぁ(笑)

予想が外れているのは分かり切っているのに、何のためにコメントしてるのか?っていう考えが抜けちゃってるのがお前ら百姓の末裔の哀れなところよ。

恥をさらし続けてまで生き長らえた先祖の意気込みくらい理解して慎ましくROMってな。

返信する

コメントを残す