ユーロドルの相場予想とトレードプラン|様子見つつショート狙い。

どうもぉ~パチプロそら(@fxpet)です。

 

今回はひっさしぶりにFXの相場予想記事です。

最近は書くことが無いといいますか、書く気が全然起こらなかったのですが、牙狼の新作が来月からリリースされるという事もあってチラホラと書いていこうと思っている次第です。

ガロぉ~♪

FXの相場予想|ユロルは頭狙いのショート

現時点のユーロ/ドルの4時間足のチャートがこちら。

状況的にはレンジが続いている状態ですが、徐々にレンジ幅が狭まっているという状況です。

 

現状の相場は1.11~1.13を基準に上下0.005くらいの余裕を持ったレンジと観ており

上限1.135~下限1.110

が今のレンジであると考えています。

 

なので、1.13付近でのショートポジションを取りロスカットを1.14の上あたり、利食いを1.115付近で行きます。

仮に上に抜けていくようであれば、相場の読みが外れているので潔く様子見に移行。

逆に相場の予想が当たり、利食いが出来た場合にはレンジの下限と観ている1.11付近でロングポジションを取りロスカットは1.105付近で行くという流れを考えています。

 

個人的にそこそこ長くやってきた投資において重要なのは、結局のところ読みが外れた際にどうするのか?という所だと思っているので、いつも通りロスカットに掛かったらその時に次のポジションなどを考えていきます。

まとめ|楽なレンジ相場

ネットを観ているとトレンド相場を好む人や推す人が結構多いようですが、個人的には安定感のあるレンジ相場の方が好みなので今の相場は楽だと感じています。

そもそもの話としてレンジ相場なら

利食いはレンジの逆付近、ロスカットはレンジを抜けた場合にすればいい

のでレンジの方がどこまで伸びそうか?を考える必要に迫られるトレンド相場よりも余程簡単だと思っているわけです。

 

何が言いたいのかといいますと、人それぞれってことではなくて、トレンドを推しているサイトは大抵の場合アフィリエイターだから気を付けろって話です(笑)

事実としてトレンド相場であれば、短期的に効果を挙げやすいですからね。

その時折の相場のみで使えそうなテクニカル系統を元に生み出したオリジナルツール()を高値で売りつけているサイトをよく見かけるので注意しといた方が良いですよ。

 

トレンド相場よりレンジ相場の方が簡単ですし、5分足とか1時間足を推しているのであればそのサイトは危険です。

FXはエントリー時に実質手数料を払っているので、エントリーすればするほどに不利になっていくので、相当熟練していないと利益なんて取れない奴ですから。

まぁ注意して頑張ってください。

 

というわけで、今回はこれにて!

1 COMMENT

コメントを残す