ベタピンとは設定1のことではない?本質的な部分に目を向けろ!

ここ最近になりパチンコ台にも設定が付くようになり、スロット用語だったベタピンという言葉をパチンコ関連でも耳にするようになってきた。

ベタピンと言う用語からどういう意味なのかが容易に想像できると思うのだが、現代の場合ではベタピンの意味合いが変わってきている。

パチンコに設定が搭載され始めパチンコユーザーにも無関係とはいえなくなってきた用語であるので解説していく。

ベタピン本来の意味と現代の意味

ベタピンと言う用語の本来の意味合いは、その名称から想像がつくように全台設定1の状況や据え置きで設定1のままの状態を指す言葉だった。

何の捻りもなく、そのまま過ぎる用語なのだが『だった』と表現したように現代では用語の意味合いが少々変わってきているので解説しよう。

 

パチンコユーザーでありスロットを遊戯しない人でも、スロットの島に誰も遊戯者がおらず大して回されてもいない、まさに閑古鳥が鳴いていると表現するに相応しい島を見たことはあるだろう。

『こういった島のことをベタピンと言うのだ』と言われると納得すると思うが冷静に考えればおかしな点に気が付くだろう。

何がおかしいのかと言うと、誰も遊戯しておらず回転数もままならないのだから本当に設定1かどうかは設定を入れる側の人間しか分からないという点である。

 

基本的にスロットの上下設定を見抜く程度にすら2000回転は必要と言われるのだから、回されていない台が設定1かどうかなど分からないのだ。

にも拘らず現代ではこういった島をベタピンと呼ぶようになった。

この最大の理由としては、昔と比べ無知でスロットを遊戯する人が減ったことやスロット人口の減少が原因であろう。

大して回されていない為に内部的な設定判別は不可能な状態ではあるが誰も打っておらず閑古鳥が鳴いているのだから設定1であると仮定し、ベタピンと表現するようになっている。

 

また、ベタピンという用語は本来であれば設定1を指していた言葉だが押忍!番長2など偶奇判定が容易な機種が増えてからは意味合いが大きく変わっている点にも注意してほしい。

現在で人気のバジリスク絆もそうだが、偶数設定と奇数設定が少ない回転数で判断可能な機種の場合、当然だがまともなホールは設定1ではなく設定2を多く投入している。

偶数設定最低の設定2を4or6かもよ?と思わせ、少しでも多く遊戯させるためだと容易に理解できるだろう。

ちなみにだが、設定2がメインのホールをベタニとは表現せずベタピン、もしくは偶数の方のベタなどの表現を使う事が多いということを知っておくと理解しやすいかもしれない。

設定1が否定されてもベタピンに注意

ここまで説明したことが設定付きパチンコにどう関係あるのか?

そう疑問に感じた方もいるかもしれないが、残念な事に既に設定付きパチンコ機種にも設定2以上確定の演出など、舐めきったホールよりのシステムが搭載されている機種があるのだ。

設定2以上が確定する演出があるのであれば、ここまでの説明で本質を理解できていればホールが使う最低設定は設定2だということも容易に想像できるだろう。

ベタピンという用語が多く使われていることで、設定1が否定されてたからベタピンではなく『このホールは設定を使っている!』と思い込むのは危険だといっているのだ。

確かに最低設定は設定1だが、設定2以上の演出があるのであればホールは迷わず設定2+釘調整で実質設定1以下の台を仕上げてくる。

こういった台の場合の最低設定は現実的に設定1ではなく設定2なのだから、設定2以上が確定する演出には何の価値もないと覚えて欲しい。

 

感じた人も多いように遊戯者からすれば悪質としか言いようがないが、ホールは遊戯者を食い物にしているのだから上手い商売としか言いようがない。

文句を言うのではなく、しっかりと設定2以上の演出は何の意味もないと肝に銘じて遊戯するしかないのだ。

まとめ

既に登場している設定付きパチンコを見る限り遊戯者を舐めきった設定2以上確定演出が搭載されているなど今後はやらないことを祈るばかりではあるが、流行る可能性もあるので適応は出来るようにする必要があるだろう。

流行りそうにはないのだが、何が行るのかが分からないのがここ最近のパチンコ業界でもあるので最悪の事態を想定して動いてほしい。

 

もし今後、設定付きパチンコが増えてくるのであれば、スロット用語の本質的な意味合いを意識しながら勉強すると良いだろう。

設定2以上確定が出たからベタピンじゃない!なんて馬鹿な事を言っていると、あっという間にお金は無くなってしまうのは明白なのだから注意が必要だ。

付け焼刃の知識ではなく、本質的な意味合いに目を向けることが出来ないのであれば素直に設定がついていないパチンコを中心に遊戯するほかなく取れる期待値も取れなくなる可能性があるのだから面倒がらずに勉強はしておくべきだと言える。

 

勉強という概念に拒絶反応が起こるのであれば、素直に1円パチンコに移行することをお勧めする。

コメントを残す