Pあぶない刑事】スペック・ボーダーライン・パチプロのスペック・機種評価!打つ価値無しな。

8/2より導入開始されたPあぶない刑事のスペック紹介とパチプロのスペック評価の記事になります。

 

小当たりRush搭載機種ということもあって、基本的には狙って行く価値の無い台です。

ボーダーラインが非常にブレやすいスペックであり、積極的に狙う価値の低い台だからですね。

小当たりラッシュの純増を考慮してボーダーラインを自力で計算できない人は打たなくていいです。

ホールのカモにされるだけなので!

 

それではPあぶない刑事のスペックとパチプロのスペック評価をどうぞ!

機種スペック・ゲーム性

大当たり確率 1/319.68
確変時確率 1/47.94
小当たり確率 1/1.17
確変突入率 50%
確変継続率 77%
Rush期待出玉 6210個
ヘソ賞球 1個
電サポ賞球 1個
アタッカー賞球 15個

通常時ラウンド振り分け

R数 比率 平均出玉 時短
6R確変 2% 504個 小当たりRush
4R確変 48% 336個
6R通常 50% 336個 時短100回

確変時ラウンド振り分け

R数 比率 平均出玉 時短
2R確変 77% 168個 小当たりRush継続
2R通常 23% 168個 時短50回

4円パチンコ・換金率別ボーダーライン

4円 18.4/k
3.5円 19.3/k
3円 19.8/k
2.5円 20.6/k

1円パチンコ・換金率別ボーダーライン

1円 14.7/k
0.92円 15.2/k
0.89円 15.4/k
0.75円 16.6/k

パチプロのスペック評価・注意点

まず初となる『Pあぶない刑事』の最大の魅力は小当たりラッシュとなっていますが、小当たりラッシュ機種は基本的にホールの調整によってボーダーラインが非常にブレやすいスペックです。

小当たりラッシュ時にメーカーが想定している28玉/1回転を確保できるかどうかによって、ボーダーラインが変動してしまう点には要注意!

1回転辺り28玉以上取れるのであればボーダーラインは下がり、1回転辺り28玉よりも少ないのであればボーダーラインは上がってしまうわけですね。

これを一般客が判断できるか?というとほぼ不可能なので、普通に考えて小当たりRush機種を期待値稼働に慣れていない人が打つ価値はありません。
( ー`дー´)キリッ

 

ボーダーラインより回ってる!と思って打っても、最終的には小当たりラッシュの純増が足りていなくて実はボーダーライン以下だった…なんてことはザラに起こり得るからです。

間違っても期待値計算を自力で出来ない人は期待値稼働に、こういうタイトル的に弱い機種を使うべきではありません!

本当に大切なことなので2度言わせてもらいました。

 

で、個人的な意見になりますがこの機種を打つ価値はないといっておきます。

ハッキリといわせてもらって期待値を意識して稼働している、もしくは期待値を多少なり意識して勝ちを目指している人が打つ機種ではないからです。

ホールをしっかりとみている人ならわかると思いますが、同じメーカーであるニューギンからPベルセルク無双という小当たりRush機種でありながら最近の機種としては人気が付いている台があるからです。

 

安定しつつある人気がある同一スペック(小当たりRush)機種がある状況下で、わざわざコイツに力を入れるホールは行く価値がありません。

ホールの経営方針がハッキリと言うまでもなく馬鹿です。

糞ゴミカス意味不明ホールなので、潔く切り捨てて他のホールを探す努力をしてください。

行っているホールが間違っているとしか言えませんし、その行為は負け組のやることです。
((´∀`))ケラケラ

 

 

まとめておきますと、打つ価値というか釘見をする価値すらないというのが正しい評価です。

強いて言えば、小当たりRush機種あるあるの通常時の右打ちランプ点灯はしっかりと確認して上げてくださいね♪

滅多に拾えませんが、拾える可能性はゼロではなく拾えた際のリターンが非常に大きいので右打ちランプのみは見る価値があります。

 

パチプロそら(@sora777puro)でした。
(o´・ω・`o)ノシ

コメントを残す